日記過去ログ

2004年 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月

◆2006年 3月27日(火)

 ガンズのチケット届いたあああ。
 後は公演日まで震えて待つだけ。中止にならないといいけど……。
 レッチリの振り替え公演日も決まりました。とりあえず行けそうなのは良かった。
 
 で、先日の卒業記念ライブのおはなし。
 もう何回バカヤローと怒られたかわからんね。10や20どころの話ではなく、それはもう泣きたくなるくらい。
 慣れていない所為もあるけれど、とにかく我々は仕込みの時間が遅い。かかるときは、音を出すまでに、なんと約2時間(!)もかかる。お陰で、チューニングとサウンドチェックの時間が殆ど無く、リハーサルから本番までが押し押しになってしまい、そして更に混乱の度合いが時間と共に増していく。
 しかしまぁ、今回モニター卓をやったお陰で、全体の大体の仕込み具合は把握出来たので、次の新歓ライブのときは、メインとモニターのどちらをやっても、もう少し早く仕込むことは出来そうです。リハ中も、そのAUXの多さから初めのうちは混乱しっぱなしでしたが、一つ一つ落ち着いてやっていればそれなりに慣れてきたので、もう少しスムーズにリハも出来ると思う。
 
 しかし、本番中はトラブル続出でした。
 「大変です。私たちのお弁当がないです」なんと私と後輩の子の二人分の弁当を、誰かに勝手に食べられていた!
 見事に食いっぱぐれた私たちは、その後22時になるまで、ご飯を一口も食べることは出来なかったのです。これは許されざる反逆行為と言えよう。
 まぁこれはどうでもいいんですが。
 
 本番中に、楽器電源、モニター電源、モニターアンプ電源が全部落ちた。
 メインアンプが落ちなかったのは不幸中の幸いとも言えるかもしれないけど、あの時は流石に死ぬかと思った。
 途中から虚しくドラムの音だけが響き、こう、会場全体が気まずい雰囲気に包まれていって、「こういうときは、ボーカルの俺がなんとか場を持たせるんだろうね」とか言いながら、それに伴いバンドのテンションがダダ下がりになっていくのがはっきりと分かって、そろそろ生まれてきてふぉめんなさい。
 暫くして、その後はなんとか始められたんですが、正直生きた心地がしませんでした。マジで。
 
 まぁ、お客さんも沢山入って、それなりに盛り上がったようなので、イベントとしては成功したのではないですかね。勉強にもなったし。
 明日は、別のサークルでこちら側が出演する番。
 
 お休みなさい。   
  

◆2006年 3月24日(土)

 さて、東方不敗小町もそこそこに、明日はいよいよ卒業記念ライブがあります。
 お世話になった先輩方や、今期で辞めてしまうTA(教授補助のようなもの)さん達のために、是非とも、良いPAを心掛けたいと思うのですが、いやはや。
 私は明日はモニター卓担当なのですが、出来る限り良いモニター環境を作りたいものです。上手いことチューニングができればなあ。
 では、明日もそこそこ早起きしなくてはならないので。
 とか言いつつも、もう結構な時間になってしまいましたが。
 まだ慌てるような時間じゃない。
 
 お休みなさい。   
  

◆2006年 3月20日(土)

 まーた、電車の中で物を無くしちゃったよ!
 今回無くしたものは、携帯電話。バイト帰りに、始発に乗ってゲームに夢中になっていたら、ついそこら辺にブン投げていたのを忘れて乗り換えてしまった。直ぐに問い合わせて見つかったから良かったものの、どうやら自分は電車の中で気が緩みすぎるらしい。
 
 ガンズのチケットの、払い込み確認のメールが来た。
 後は、アクセルの気まぐれでキャンセルにならないことを祈るばかり……。
 レッチリのライブが延期になって、かなりテンションが落ちているので、これでガンズまでキャンセルになったら、もうどうなるかわからんね。
 
 明日は東方不敗小町と、焼肉OFF。このイベントに参加するのは初めてなので楽しみ。そんなに急ぐことも無いので、大分まったりと参加しようかと。
 意気込みとしては、帰りの電車の中で眼鏡を無くさない。
 
 お休みなさい。   
  

◆2006年 3月4日(日)

 こんな夢を見た。

 左右から、プレス機のようなものが現れて、二人をぴったり挟んで潰してしまった。
 すり合わせるようにすると、ぎちぎちみちみち音を立てながら、大量の血が流れ落ちてくる。
 暫くして、すっかり体液も流れ出したかと思うと、プレス機の動きが止まった。すると、そこからボールのようなものが一つ、目の前に落ちた。
 きっと、二人が混ざり合った、成れの果ての姿なんだろうな、と夢ながらに思った。
 屈みこんで、少しの間触ったり眺めりして弄んだ後、リザレクションしない内にそれを食べた。
 
 その瞬間、目が覚めた。
 なんだか、酷く続きが気になってしまった。   
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO