日記過去ログ

2004年 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月


◆2005年 11月30日(水)

 皆様、大変お久しぶりでありました。今月はもう更新は出来ないんじゃないだろーかと思っていた矢先、今日と言う日に更新できて良かったです。さて、気が付けば11月ももう終わり、もうじき12月へと突入してしまいます。と言うか、この日記を書いている現在で既に突入していたりします。嗚呼、時間て無情に過ぎ去ってゆくものなのね、よよよ。 そう言えば、言えば、1日にして学校の殆どの木々の葉落ちきってしまい、学校中落ち葉だらけでした。嗚呼、命って儚いものなのね、よよよ。

 さて、先日から稼動し始めたエスプガルーダ2。稼働日以来に久しぶりにようやっと今日プレイする事が出来ました。4ボスを倒して、5面の縦穴まで。稼ぎ等も色々と試して見た結果、3面で1UPを出す事に成功し、初日では無し得なかった2回目のエクステンドも出来ました。住人さんに感謝。
 それにしてもこのゲーム、予想に反してかなり面白いですね。見た目よりは遥かに避け易いし、例えば3面ボスの発狂なんかは、普通に避けたら厳しいけど、右端か左端に寄ればかなり楽に避けられる、見たいにキチンと弾幕ごとに解法が用意されているものもあるし。初めは、絶死界の使いどころも良く分からなかったので全く使用していなかったのですが、適当に使い始めただけで6000万とかまでスコアが伸びたのでこれにはまあ非常に驚きました。トッププレイヤーはもう4億越えを果たしてるそうですが、私はちまちまとまずは1億越えからね。と言うかクリアからね。結構、頑張るかも。
 
 アンダーザブリッヂの謎が全て解けた。カンニングは一切していない。やっべー超うれしい。弾けないけど。
 
 

◆2005年 11月20日(日)

 朝までバイトして、そのまま寝ないで午前中の間は授業の作品作るのに友達とプロモの撮影をして、そのまま午後はケツイ1000万点寸止め大会に行ってきました。練習していった割には、色々ミスって結果は散々でした。と言うか、ルールを理解していなかった馬鹿がここにいましたよ。1000万点を越えてはいけないと思っていたら、別に越えてても良かったんですね。んなら、本番はあんなにビクビクして調整する必要も無かったですね。うわぁ。
 とりあえずもお40時間ぐらい寝てないのでもう寝ます起こさないで下さいじゃあまたあした。  
 

◆2005年 11月18日(金)

 人間は本当にアホだなと思う瞬間がある。例えばその一つに夜更かしと言うものがあって、わざわざ眠いのを我慢しながらネットしたりゲームしたりして遊んでいる訳だ。本当は脳味噌くんはもう眠りたい筈なのに、悲しいかな、人間は本能やら欲望やらを理性やら意思やらで無理矢理ねじ伏せてしまう事が出来てしまう生物なのである。明日は早いから、もう寝ようかな、とも少しの間は考えるけれど、結局は右脳左脳から発せられる命令には総シカトである。はっきりいってシカトはいじめである。可哀想な脳味噌くん。自分の発言を無視されるほど、悲しい事は無いのだよ。そうこうしているうちにどんどん脳細胞は死滅して行き、夜も更けた。寝る。
 
 朝だ。昨日は散々な目にあった脳味噌くんの逆襲が、ここではじまる。お返しと言わんばかりに、またもや命令を下すのである。ねろー。今日は遅刻をしていいから、とにかくねろー。ここで人間の情けないところが、昨日は脳味噌くんを散々無視ぶっちぎっていたにもかかわらず、今度はその命令には逆らえないのである。昨日とは打って変わって言う事に従いっぱなしである。奴隷である。犬である。そうこうしているうちに、刻一刻と時間は過ぎてゆく。
 
 そんななりなんかじゃあ、学校なんかやめっちまいな! と言う激しい叱咤の声を遠くから聞き流し、のろのろと身を起こして時計を見ると朝の10時。予定していた出発の時間は9時ちょうど。悲鳴にならないひめい。ああっ、もう絶対間に合わないっ……てっ適当にやっちゃえ! グシャグシャグシャピシィキャー。まにあわない。
 
 更に最悪なのが、今日は中間テストの日だったりする。この分だと、テストを受けるのはまず時間的に不可能。0点。落ち着け。素数を数えて落ち着くんだ。「2、4、6、8、10……」。ここで少年は、電車に乗りながら小ざかしい計算を始める。出席点が1日2点で、まだ2日しか休んでないからぶつぶつ……中間の点数のウエイトがこんぐらいで、期末がこんぐらいだから期末のテストでこのぐらい点数を取ればぶつぶつぶつ……ボス前の点数がこんぐらいで、ボスの素点がこんだけだから、ボスにかかる倍率はこんぐらいにして、クリアボーナスがこんだけだから残機も潰してぶつぶつぶつぶつ……。結果。999万点が出た。YES。これで日曜の1000万寸止め大会はバッチリだ!
 
 違う。何もかも違う。何で途中からケツイの話になってんだ。とにかく、人間はアホである。と言うよりも私がアホである。あーテストどうしよ。因みに、昨日は何故そんなにも遅くまで起きていたのかというと、ひたすらアンダーザブリッヂの音取りをしていたのです。音感無いので非常に時間がかかるのです。とりあえず、後半のギターにコーラスがかかるわけわかんねー所の直前まではなんとか全部とれました。ああ、疲れた。
 
 ところで、私は今本気でディズニーおばちゃんに困っている。もはや後には引けないのである。どなたか、私と一緒にディズニーシーでも巡りませんか。流石に御代はこちら持ちというわけにはいきませんけれども、そこをなんとか。人助けだと思って。とにかく、一回でも行ったと言う既成事実を作らないと、そろそろ縦社会に潰されそうな勢いです。助けて。とりあえず明日はバイトなので、言い訳を2、3見繕ってから出かけようと思います。
 
 お休みなさい。  
 

◆2005年 11月16日(水)

 先日から復活したぐわんげ。今日はゲーセン行かない予定だったけれど、余りにも嬉しかったので少しの間寄って行きました。
 とりあえず4クレ分やって、はじめてぐわんげ様まで到達出来ました。相変わらずニヤリ顔が非常に不気味。平たく言うとキモイ。
 ここまでくれば、クリアまであと少し……とは微塵も思っていない。最後の尼魏主さん発狂まで、最低でも体力を2ゲージは持って行かないと倒せる気がしません。
 
 Cプログラミングの課題が出ているのですが、最後の問題が全くわかりません。タスケテ。
 余りにも分からないので投げて、UNDER THE BRIDGEの音取りをはじめたのですが、こっちもまだサビから先が取れてません。タスケテ。わからん。

 おやすみなさい。  
 

◆2005年 11月13日(日)

 私がバイトをしている居酒屋には、パントリー歴十数年のおばちゃんがいます。下手な社員よりも働いている年数は多く、もはや唯我独尊のおばちゃんです。多分、私が働いている支店では、一番古い人でしょう。バイトの連中は皆、彼女に対して腫れ物を扱うように接し、その場その場をどうやり過ごすかで必死の毎日。正直やりずれーです。
 そのおばちゃんがまた、ディズニーランド好きのおばちゃんでして。ついには年間パスポートまで購入し、毎週休みとなると出かける始末。そしてその時の話を、嬉しそうに毎回色んな人に話して回るわけであります。当然、私もその話を良く聞かされるわけで。深夜ともなると、私とおばちゃんの二人きりになってしまうこともしばしばありまして、その時にもうその話はいいよとばかりに話しかけて来たりするのですね。んで、いい加減ディズニーランドやらシーの話を聞くのはうんざりだったりします。
 とは言え、長いものには巻かれろが座右の銘な私としては、権力の犬になるしかないのであって、とても本人の目の前ではそんな事は言えるはずも無く。へーへーそうなんですかーすごいですねーと適当に相手を持ち上げつつ相槌を打ったりなんだりしてたんです。そうしたら、何故だかおばちゃんの脳内で私もディズニー好きだといつの間にかインプットされてしまったらしく、これがまたスゲー事態にどんどんなっていっていたりします。勝手な思い込みで「早くシーの方にも家族で行けたらいいねえ」とか「行くまでこのガイドブック貸してあげるよ」とかどんどんこっちを追い込んでいきやがる! 当然、こっちとしてはあんな黒ねずみにはまるで興味も用も無く、良い迷惑です。最近では「25日にもしそっちの都合が付けば、色々案内してあげるよ」とまで言い出して、もうどうして良いやら。
 
 そんな悩みを抱えつつ、ニャー速VIPブログを読んでいたら、こんな記事が。
 ディズニーランドのキャストだけど質問受け付けるよ?
 ちょっとした小ネタから、内部事情まで、思わず「そーなのかー」と言ってしまうようなものばかりで非常に面白かったです。
 
 あー、なげぇ前置き。  
 

◆2005年 11月9日(水)

 GREAT THING撃破。ようやくダライアス外伝にて全ルート制覇する事が出来ました。ダラ外がゲーセンに入ってはや1ヶ月半。私、頑張りました。嬉しいなあ。
 久々に大きな達成感に満たされた気がします。このゲームを、好きで良かったと思えた瞬間。
 クリアのみに留まらず、このまま稼ぎへと移行しようと企んで居たりします。ルートは、パーツ破壊が楽しそうなシャンプーハットルート。
 とりあえず思いつくだけの稼ぎを上げて見ると、雑魚の編隊ボーナス、中ボスのキャプチャー、パーツ破壊、ノーミスノーボムの4つ。ダラ外の稼ぎは分かり易くて良いんですが、やって見るととんでもない程難しいらしいのである程度の覚悟は決めないとかもしれません。まずは、地道にキャプチャーと雑魚や隕石の破壊のパターンからね。目指せ1000万点越え。
 
 前述で大盛り上がりのダラ外ですが、ケツイもそこそこにやっていますよ? と言う話。
 先日、1面の中ボス前で累計及び現倍率が905/724も出て、いよいよ1面で1900万ぐらいは出そうな予感がしてきました。今回は後半で大きなミスを2つもしたので駄目でしたが。
 2、3面のパターンもようやく少しづつ板に付いてきた感じで、多分その内成果は出てくるでしょう。って何回同じ事言ったっけか。でも今度こそほんとにほんとです。多分。運さえ良ければ。
 DVDも届いたのですが、やっぱり一周2億を出すまでは見ないと決めてしまったので、今は大切に補完してあります。
 来年中には出るかなあ。
 
 お休みなさい。  
 

◆2005年 11月7日(月)

 さて、幾日か空いたところで。
 INHの主催する、秋のシューティング祭へ参加すべく、新宿のクラブセガまで行って参りました。夜勤明けで寝ていなかった故に、少々体力的にきついものもありましたが、頑張りました。
 
 STGのイベントの癖に、大層人が集まりまして。会場は飽和状態であんまり身動きは取れない状態でした。よくもまあ、こんなに人が集まったものだと思い、感心つつ、半分以上がギャラ専でお前等ゲームしろとも思いつつ。まぁ、ほぼ全部のゲームが埋まっていたので、やりたくても出来ないってのもありましたが。  用意してあったケツイ台は3台。何より感動したのが、稼ぎのシステムに付いてしっかりと説明書きされた紙が貼ってあったこと……!! すげえ!! 壁には某「シューティングラブ。」のポスターが一面に貼り付けられてありました。感動。
 
 大会は、初っ端からフリープレイバグが起こったり、プレイヤー同士のやりとりなどネタ満載でしたが、そこそこ滞りなく進み、楽しかったです。因みに、私の戦績は2回戦敗退でした。全体の対戦の傾向としては、Bタイプがやや有利のように見え、画面の半分より下には行かないのがデフォルトになってました。敵配置を覚えるのは基本中の基本として、ボムの使い方と最初のパワーアップが肝になっているようで。ただ、前に出すぎる余りミスも多く、5箱の数以前にゲームオーバーになって負けになってしまう人もちらほらいました。と言うか、半分ぐらいはそれだったような。後2P側やりにくすぎ。
 
 その後は、佐藤氏とさんたるる氏のサイン会があったり、なんだりで、まぁ、平和でした。
 
 アンダーディフィートを初プレイ。こ、このゲーム面白い。
 後にも先にも、このゲーム以外にボムを撃って鳥肌が立つゲームはきっとないでしょう。
 
 ダラ外。
 残機4だか5だかで挑んだにもかかわらず、クジラ戦敗退。
 ……え?
 
 お休みなさい。  
 
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO