日記過去ログ

2004年 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月


◆2005年 3月31日(木)

 しまった! 3月中にケリをつける予定だったのに!!
 もう遅い。

 髪を切りにいく。
 床屋の人の話はいつもいかがわしい。

 ベースを返しました。
 返しついでにホワイトファルコンを超自慢。ふふん。
 国産のギターだと言う事に物凄く驚いてました。

 初めてのおんがく理論。
 音楽学校へ通ってる友達から、直々に教えてもらいました。
 
 メジャーとマイナーの違い。
 ルート音から3度の位置にあるの音を、短3度の位置に変えるとマイナーコードになるらしい。
 要するに、例えばドの音をルート音とすると、そこから3度の音はミになるので、短3度はその音の半音下げでミ♭。この音の違い、がマイナーとメジャーの違いになるのだと言う。
 なるほど、確かにその理論でいくとメジャーコードが全部マイナーになってるや。すげぇ。一つ賢くなった。
 恐らく初歩の初歩もいいところの理論なのだろうけど、そんな事さえも私は知らなかったので、物凄く新鮮でした。
 
 ところで、今回の講習のお陰で、私はEとEmを逆に覚えていた事が発覚。
 上記の理論でEとEmを試してみた時に、他のコードと間逆の関係になっていたので、あれ? と思い調べたら、どうやら二つのコードを取り違えて覚えていたらしい。
 何てことだ。
 
 多分、他の7thやらSUS4やらその他諸々も似たような感じで構成されてるとコードだと思うので、後で色々調べてみると楽しいかも。
 
 エイプリルネタは……うーん。
 明日は入学式。
 お休みなさい。  
 

◆2005年 3月30日(水)

 きゃー!? ブリッジがうごいた!?
 チューニングが!
 ボディに傷!
 ……は付かなかった。良かった。
 それにしても、本当にブリッジは固定されてなくて動くのね……。ここら辺が、偉大なる二流品といわれる由縁らしい。
 弦の張力でしかブリッジが止まってないんですよ。弦交換の時は、ポロって感じで多分直ぐ取れるんだと思う。物凄くびっくりしそう。
 
 あ、ファルコンの話です。もうね、普通に弾いてるだけなのに物凄く楽しいんですよ。
 こんなん私が所有してていいのかとすら思えてくる。
 
 子供服売り場を歩くだけで幸せ。
 話は全然変わるけれど、服屋の女性店員は、接客とは言え、物凄く「優しくしてくれている」と自分に感じさせてくれるから好きだ。
 優しさに、飢える、生活!
 
 お休みなさい。  
 

◆2005年 3月29日(火)

 この間注文しておいたノートPCを取りに、大学まで行ってきました。
 所謂、斡旋機種と言う奴で、大学から買わされたブツなのだが、これがまあいかにも貧相な代物で、スーパーハカーの俺としてはこんなの使ってられねーよとばかりに色々とやる気が無い。
 まぁ、上記の戯言は放って置くとして、本音としてはノートが一台欲しかったので、購入の大義名分が出来て丁度良かったりする。
 で、わざわざ引き取りにえっちらおっちら大学までやってきた訳だが、なんと引渡しついでにPCの講習会があると言う。今更何を教わることがあろうかと思い、即帰るつもりでいたのだが、どうやら強制参加らしく(そうしないと引き渡して貰えない)、渋々参加してしまう羽目となった。
 すると講習の内容はどうだ。PCの立ち上げからソフトのインストールまで、普通なら5分で全てが終わるものがなんと一時間半もかかった。私は既にもう慣れたもので、あらゆる作業がすぐ終わってしまい退屈極まりなかったが、周りを見ると結構苦労している人もいて、中々作業がはかどっていない者も多かった。私もきっと初めの頃はああだったのだろうなあ、と昔の自分を偲び、成長振りに感心した。
 そしてまあ、無事講習会は終わった。早速帰ったらエロゲーでも入れるか。
 
 マグマ。
 5ケツイ。なんだか良く分からない。
 1〜2面当たりは大分こなれてきた気がする。3面も前半だけならそこそこは動ける。後半はまだちょっとアレだが。
 とにかく、4面がヤバイ。4つめのワイバーン編隊が出てきた辺りから、頭の中はパニックへと転ずる。
 容赦なく降り注ぐサンダーボルトの弾幕。雨あられと弾を打ちまくるワイバーン。もはや大混乱である。
 ランマス地帯を抜け、2〜3体目のナイトメア様が出てくる辺りは、本当にヤバイ。
 死ぬ。
 今にも死ぬ。
 死んじまう。
 死んだ。
 テンポ良くロックが決まった時は、大抵上手い具合に倒して弾消し出来るので「入った!」と心躍るのだが、最近はどうあがいても死ぬ。なんてやつだ。
 
 そろそろ、ボムを使って生き延びること最優先を考えても良いかもしれないと思ってきたんですよ。
 ボム使ったらいつ死ぬかわからないから2周目行けねー、と言うか、それ以前の腕の問題な気が。
 もういいよ。暫くはクリア優先で行ってみようか。
 
 ああ、メルブラが稼動してた。
 ギルティの隣に置くものじゃないね。
 
 ついに ねんがんの ホワイトファルコンを てにいれたぞ!
  
  そう、かんけいないね
  いっしょうけんめいちょきんする
 →ローンをくんででもはらいこむ
  
 これ
 型番は、G7593。
 グレッチギターの最高峰。
 世界一美しいギター。
 
 バイト代10万を全部突っ込みました。お陰で、財布はもうスッカスカ。まぁ、それでも払い残りはまだ24万もあるんですが。
 初めは20回払いにしようと思ってたのだけど、色々と説得されて結局10回に。バイトが。
 
 大学とマグマに行った帰りに楽器屋へ寄ったので、荷物がもう偉いことに。
 左手PC、右ファルコン。歩くごじゅうまんえん。重過ぎて腕が千切れるかと。
 
 早速家に帰って音出し。一番最初に弾いたのは、お父さんです。ファック。
 音は、やっぱ良いですよ。生音でもめちゃめちゃ良い感じに響いててびっくりした。とても良い箱鳴り具合。
 ハイポジションは今までフライングV使ってたので、それに比べたら結構引きづらいけど、そこら辺はどうでも良い。
 後は、折角良いギター買ったんだから、それ相応に、人から「ふん!」って言われないぐらいもっと上手くならないとねー。
 なんにせよ、ずうっと欲しかった一本なので、今凄く幸せ。
 
 お休みなさい。  
 

◆2005年 3月28日(月)

 1日寝ていた。
 睡眠は素晴らしい。
 
 「亡き王女の為のセプテッ」 ですよね。
 うわぁ
 なんかもう、東方紅魔卿って間違えるぐらい恥ずかしい。
 こう言う誤字って言うのは極力無いようにしてるのだけど、もしかしたら自分の知らないところでかなり間違っているのかもしれない。
 笑って済ませられるものもあれば、必ずしもそればかりではないので、気をつけよう。
 
 そう言えば、凄い久しぶりにメールで「こらー」って怒られたよ。
 早くベース返せだってさ。借りパクって、胸キュン?
 いやいや、ちゃんと返すけども。
 
 お休みなさい。  
 

◆2005年 3月27日(日)

 今日は中々酷い1日だった。
 午前中、午後と一応予定が入っていたにも関わらず、全部すっぽかし。何回かメールか電話がかかってきたけれど、まだ返信はしていない。
 何があったのかと聞かれれば、それはそれはおかしな事があったんだよとしか言えないのですが、ぶっちゃけて言うとあまり書きたくない。何より、それはそれはおかしな事を一々書くのもなんだか見苦しい。
 とりあえず、てるよが石焼ビビンバを食べに乗り込んできたと言う事に。
 
 永夜抄のルナ攻略始めました。
 とりあえずやって見たら、23ミスのうどんげ止まり。
 まぁ、一ヶ月でのクリアを目標に頑張って見ますか。
 少なくとも、なんとか3面まではノーミスで抜けられるようにならないと、中々将来の展望が見えてきづらいので、まずは前半戦から固めていこうかとか考えてる。
 因みに、現在本編のスペカは184枚取得なので、クリアまでに200枚を超えられたら嬉しいなあ、とか。
 
 さて、日々せっせと萌え画像を集めているみなさん今晩は。
 皆さんは、もうどれぐらいフォルダの中身は萌えだらけになっていますか? さっき調べて見たら、私のマイピクチャの中は15551枚でした。
 私の数倍、下手したら数十倍以上要領を喰ってる人も沢山いるかと思われますが、これだけ多いと、私でも蒐集した画像のファイル名が重複する時が結構あったりするわけでありまして。絵板の画像や、ファイル名がキャラの名前になっていたりすると、ちょっとたいへん。
 そんな時は、前はただひたすらファイル名の後ろにゼロを羅列させたりしてまいた。まぁ、ちゃんと自分でファイル名を書けばいいんですけど、なんか面倒臭いので。んでも、後で見るとやっぱりひたすらゼロが並んでる姿はなんとなく変なんですよね。つーか汚い。
 んで、なんか良い案はないかなと思っていたところ、最近になって、ファイルの後ろに全角でスペースを作るのが一番すっきりしてていいかなと言うことに気が付きまして。コレだったら、そんなに変にならなくていいよね。
 と言うわけで、この間から重複したファイル名にはみんな全角スペースを付けるようにしたのでした、まる。
 まぁ、特にどうでも良い話。
 
 お休みなさい。  
 

◆2005年 3月26日(土)

 免許証忘れた……ので、楽しみは明日への強制的に引き伸ばされました。
 ああ、この感覚。私は良く知っている。あれ買おう、これ買おうとウキウキしながら出かけた先で、何一つ無かった時のぜつぼう。
 ぜつぼうのせかい。
 世界中から色が落ち、辺りが真っ暗に見えた。
 まあ、夜だったからね。
 
 帰り、マグマで4ケツイ。
 特にこれといった記録の更新等はないのだけど、まぁ前よりは良く進められるようにはなったかな。
 1回だけ縦穴前まで進められた。5面は慣れてないとはいえ、前半だけなら何とか騙し騙し進められるけど、トラファルガを倒した辺りからがかなりやばい。案の定ワイバーンIIで圧死。早めに前に出て、出現位置で叩かないとなぁ。
 
 シルバーホエールで空ロック出来ない病。
 
 久しぶりにTMKくんに会いました。なんか、目茶目茶パターンが極まってきてるんですが!
 なんでマグマでのケツイ歴は同じぐらいなのにこんなに差があるのか教えてエロイ人!
 まぁ、多分いつもあんま考えてないからなんだろうけど。
 彼のプレイで2ボスに入った時に、表示のバグで累計カウンターが5000を超えてたのが面白かった。撃破した時にかけた倍率は変わってなかったけど。
 実際にあのままの倍率通りだったら、更に×1000倍のスコアが加算になるわけだから、そしたらもっと面白かったのに。
 
 で。
 TMJくんはガルーダの赤走行でジャコウ発狂まで行ったらしい。凄過ぎ。
 私は再セセリどまり。
 
 虫姫さま。
 なんか、A連射ボタンがついてたけど、結局マリス砲は使わず。使ったと言えば使ったのか。高速移動はそっちのボタンでやったから。
 で、残機2でオリジナルクリア。このゲームパターンとか全然無いから脳みそからっぽのまま出来ておもしおいなぁ。特に、5ボスはヤバイ。
 目と脳と手が完全にシンクロして一つになる瞬間! 人はこれを、シューターズハイと云ふ……。
 あー、脳汁出たー。
 
 ゲーセンの話題でお茶を濁したところで。
 お休みなさい。
 
 ああそうだ、書き忘れていた。
 今日、電車に乗っていたら、父娘連れが電車に乗ってきたんだ。
 父親は、席に座ると、自分の膝に娘を座らせた。
 娘が父親の両の足を挟むようにして座っていたので、その時の格好は、まるで背面座位をしているようだった。
 父親が足を上下に揺らすと、そうするとまるで、ピストン運動をされているかように、女の子の身体も上下に揺れた。
 時々、父親の顔を下から見上げるようにして覗き込むよう女の子。こころなしか、顔が赤くなっているようにもみえる。
 あqwせdrftgyふじこlp;@:「」
 
 今度こそお休みなさい。  
 

◆2005年 3月25日(金)

 今日は、高校の時の部活の面子で集まって、飯食いました。
 なんだか知らんけど、私らの世代から現役世代までの5世代分が集まって、てんやわんやでした。
 相変わらず、色々とひどい。
 まぁ、楽しかったかな。
 
 終わった後の話。
 
 「この後どうするー?」
 「どっか行くかー」
 「うーん」
 「で、どうするー?」
 
 以下ループ。
 煮え切らねえええええ。
 結局どこも行かず、友達と後輩の女の子二人を車で送って帰りました。すごく、なぁなぁです……。
 よからぬ事は特に。
 
 ついでと言ってはなんですが、卒業証明書を取りに言った時に、一人顔を覚えてくれてた先生に会いまして、その人に合格の旨を伝えたら「おめでとう!」って言ってくれたのが嬉しかったです。
 
 やる気の、酷い、減少。
 おやすみなさい。  
 

◆2005年 3月24日(木)

 この日記の意義に疑問を感じてきた今日この頃。
 
 昨日は、つい眠らずに朝までエキサイトしてしまいました。故に、更新は出来なかった訳ですが。
 うーん。まぁ、私自信は得になんとも思ってないから、どうでも。

 で、今日は殆ど寝てない訳で、お昼頃は眠気のピークでした。
 意識が朦朧としてて、素でてるよとかえーりんとかいった単語が出てきそうでやばかった。

 なんかおもしおかったフラッシュ
 人を轢くたびにスコアが跳ね上がります。
 低速度の内は、まだまだ「ジーザス! やっちまった!」程度。
 段々スピードが上がって来るにつれて、人がどんどん吹っ飛んでいきます。
 MAXスピードになると、もはや吹っ飛ぶどころではなく、一瞬でミンチになって血潮が派手に飛び散ります。
 車にべっとりと血糊がつきます。
 運転手が下品な笑いをこぼします。

 凄いのがコレ、低速度の時に轢き殺した人間を、二度殺せるんですよ。
 出発し始めの時に、車が少しジャンプするので、それに合わせて、轢き潰す。グシャッと。
 一瞬で、ミンチ。
 ニトロを使えば、乗客はフロントガラスを突き破って吹っ飛びます。まぁ、これはシートベルトをしてないのが悪いよね。
 とにかく、人を殺しまくるゲームです。
 あはははは! 人がゴミのようだ! 死ね! みんな死んじまえよう!
 面白過ぎ。
 一人殺す度に、大爆笑してしまいます。
 傍から見たら、この光景は、非常にシュールかもしれない。
 僕はもう駄目かもわからんよ。
 
 吹いた
 既にdat落ちしている予感。

 ワ
 タ
 シ
 タ
 チ
 
 ハ
 
 キ
 レ
 ヂ
 
 あの美しい姉妹達が、全員切れ痔に悩まされてるのかと思うと、泣けてくる。
 綺麗な薔薇には、棘がある、の、か……。
 
 百合画像は、カメラ目線ではいけないと思うのですよ。
 二人の女の子同士の秘密の蜜月なのに、そこに第三者が介入するとは何事かとね。
 
 お休みなさい。  
 

◆2005年 3月22日(火)

 結局部屋の掃除はしませんでした。
 
 幼稚園児なてるよかわいいよぅ!
 
 「くそが……っ!」
 
 かわいい!!
 
 お休みなさい。  
 

◆2005年 3月21日(月)

 今日はなんか酷いお祭りがあったそうですが、行った人はお疲れ様。24時間参加してた人はいるのかな?
 
 お彼岸だったそうですが、僕は家族が出かけている最中はまだおねむでしたので、結局お墓参りには行ってません。
 なんてやつだ。
 まぁ、そういう奴なんだよ。
 
 最近、バイトの人の所為で「恐ろしすぎる」とか「なんてやつだ」が口癖になってしまいましたとさ。
 なんでか、昔っから人の口癖って写り易いんだよね、自分。
 個性がねぇよお! もっと、自分を持てよお!
 俗世間に染まり易い奴はだめだ。
 なんでだめかと言われたら、少し困る。
 なんとなく、駄目な感じがするよね。感覚的に。
 反抗期もたいがいにせえよ!
 うーん、やっぱりだめじゃないや。ごめんぽ。
 
 で、バイトのお兄さんとドライブした後、その人の家で延々とスロットの練習をしてましたとさ。
 北斗の拳なんだけど、まぁ色々と熱い訳でして。
 意味も無く叫んで見たくなったり。
 たわばっ! 
 
 虫姫さまのサントラが出るのは良いけれど、フィギュアはいらない。
 ボイスも。
 通常版は出してくれるんだろーなー?
 
 ☆☆☆
 
 「へっくち」
 「どうしたリリー、風邪か?」
 「うー、春になったとはいえ、まだまだお外はさむいよお」
 「ふふふ、こんなこともあろうと思ってよお!」
 
 ババーン!
 
 「わぁ。毛玉ちゃんのマフラーだぁ」
 「密かに俺様の毛を編んで作って置いたんだぜ! どうだい、あったかいだろう?」
 「うんっ。毛玉ちゃんありがとう!」
 
 ★
 
 「ねぇねぇ毛玉ちゃん」
 「おう、どうした、リリー?」
 「毛玉ちゃんは、いっつもふわふわのもこもこだよね?」
 「おう」
 「毛玉ちゃんはとっても毛むくじゃらだけど、毛玉ちゃんの毛の奥の身体って、どうなってるの?」
 「……」
 
 ゴゴゴゴゴ……。
 
 「けだまちゃーん、毛玉ちゃんの毛を、全部抜いたら、どうなっちゃうのー?」
 「よ、止せ! こっちくるな! 毛を抜くな!」
 「春が来たら、きっと暑くて邪魔になっちゃうよ〜?」
 
 (ブチブチブチ……)
 
 「ば、馬鹿! 止めろ! あ……」
 
   ★
 
 【P】
 
 そこに残されるは、飛び散る羽毛とパワーアップアイテム(小)ひとつ。
 
 「さようなら毛玉ちゃん……」
 「私、このパワーアップあいてむを食べて、もっといっぱい春を伝えてくるから!」
 
 まだまだ、春は終わらない!
 
 ‐Fin‐
 
 ☆☆☆
 
 あしたは、部屋でも片付けよう。
 そうだ、それがいい。
 お休みなさい。  
 

◆2005年 3月20日(日)

 今日は、友人がアンプを買いに行くと言うので、一緒について行きました。案の定寝坊。
 友人が色々と試しているのを尻目に、私も色々と試し弾き。
 
 ふむ。
 ふむ。
 なるほど。
 レスポールは座って弾くものじゃないね。偉く弾きづらい。
 
 とりあえず、来週が楽しみになりました。
 生きる活力注入。
 
 友人はVOXのを買ったみたいですよ。フランジャーとか、コーラスやらディレイもエフェクトで付いてて、結構遊べそうで面白気でした。
 
 帰り。飯食った後、重いアンプを引き摺っているにもかかわらず、マグマで2ケツイ。
 3面ヴィノグラドフまでノーミスで、「お、久しぶりの割には調子良いかも?」と思った瞬間発狂で4ミスかまして3ボス開幕で終わったり、2ボスで最後に切り替えしてロックして「これで終わりだ!」と思って前に突っ込んだら発射された炸裂弾の信管に当たったりと、中々のケツイクオリティでした。まぁ、面白かったからいいや。
 以上約2週間振りのケツイ。
 
 電車の中だ。電車の中。
 目の前には幼女が二人居る。話をしつつも、視線は常にその幼き肢体に集中している。
 突然目の前で、女の子二人が服の脱がせっこをはじめた! 幼女共々が、嬉しそうに相手の服に手をかけ、一生懸命脱がそうとしている。
 そしてお互い引っ張りあった服の襟から覗く、白い肩のライン。乳臭い鎖骨。
 ざんねん! あおゐさんのぼうけんは これでおわってしまった!
 
 服の襟を、片方の肩にかける仕草は、なんか色っぽいから好き。鎖骨も見えるしね。
 色っぽさの中にも、悪戯な瞳輝く、無邪気な子供っぽさが!
 
 えーりんえーりんたすけてえーりん
 俺、弱すぎ。
 対戦は危険すぎる。気が付いたらもう夜明けだったりして。
 
 お休みなさい。  
 

◆2005年 3月19日(土)

 昨日スロットで勝ったあぶくゼニを使うべく、朝から地元の友達三人で東京まで出張る予定だったのだけど、三人とも寝坊した。
 起きたのが全員午後の一時、二時。駄目だこいつら。
 結局どこかへ行くのも面倒臭くなって、ダラダラした後、ラーメンをおごりで食べに行って、またダラダラ過ごして、帰りました。
 うわぁ。
 
 なんか、ヘボそうなゲーセンに入ったら、ドラゴンブレイズがあったのでやってみた。
 彩京シューなのに弾幕なんだぁ。最初はどれ程の判定かと思ってビクビクしていたけれど、予想よりは小さめで安心。
 とりあえず、1-4まで。結構、面白いかも。
 サーヴァントフライヤーの元ネタはこのゲームのシステムかな?
 
   萃夢想ってのは、酔無双とかともかけてるのかしら。なんか、乳臭くて酒好きの酔っ払いが出てくるらしいじゃない。
 実は、まだ封すら開けてないんだよねぇ。元々格ゲーと言うものが苦手な上に、ウチのPCだと、処理落ち確定なのが体験版で立証済みなのでどうもやる気が。
 まぁ、その内。
 
 明日も寝坊したらやばいなあ。
 お休みなさい。  
 

◆2005年 3月18日(金)

 結局、マグマには行かなかった。
 
 某日記で本当にタイトルになってる! 伏字なのはありがたい。
 
 給料日。
 
 車の後ろが微妙に凹んだ。やばい。

 なんか、バイトの人と一緒に銭湯行って、飯くってきました。
 
 今日ほど自分の事が嫌になった日は無くて、死にそう。
 
 最終的には、彼の甘ったれ具合と言うか、視野の狭さと言うか、自分勝手と言うか、色んな認識不足に憤慨。
 
 もっと大人になれ、と言ってやればよかった。
 
 僕はどうしたら良いのでしょう?
 
 ああ、鬱だ。一思いに消えてしまいたい。
 
 なんでやねん。死んでたまるか。

   段々腹が立ってきた。なんでてめぇの事で俺が心労せにゃならんのだ。もう知るか。
 
 ファック。
 
 やだやだ。人間なんて嫌い。
 
 でも俺人間大好き。
 
 お休みなさい。

◆2005年 3月17日(木)

 あまりにも接続が切れすぎて、こっちがブチ切れそうなんですけど。
 
 時間停止バナーを外して見ました。だって、もう停止してないもん。
 
 ★★★
 
 「貴女方がスキマへ落としたのは、この綺麗なゆあきんですか?」
 「いえ、もっときったないの! きったないの!」
 
 「では、貴女方が落としたのは、この少女臭のするうじゃりんですか?」
 「いえ、もっとくっさいの! くっさいの! もっとばばあ!!」
 
 「正直者の貴女方には、綺麗で良い匂いのするゆかりんをあげましょう」
 「わーい!!」
 
 ゴゴゴゴゴ……。
 
 「橙、藍。一緒にスキマへ行きましょう」
 「(声にならない叫び)」
 
 ★★★
 
 明日はマグマ行こっかな。
 お休みなさい。

◆2005年 3月16日(水)

 なんだかみょんに接続の状態が悪い。プチプチと切断されたりして、たまに不便。昨日もお陰でUP出来なかったし。
 
 急遽解雇されてしまったので、バイトの人に作業着と室内靴を取ってきてもらう。
 そこでよしのぶくん(仮)他同じ仕事先の人とあって少し話してたのだけど、実は彼も今日でクビだったらしい。
 
 「よしのぶくんの所にも、今日で印ついてたよ」
 「マジッスか!?」
 
 慌てて確認に行くよしのぶくん。
 どうやら、電話で確認して見たら本当に今日で終わりだったらしい。
 
 「今日クビだなんて、一回も言われませんでしたよ。明日も来ちゃうところでしたよ」
 「うん、俺も自分で確かめるまで昨日でクビだってわかんなかった」
 「「もうぜってーあそこでバイトしねぇ!!」」
 
 ちょっと、いい加減過ぎ。
 作業着でも、よしのぶくんと私でどう返せばいいのか微妙に違った事言っているし。大体、時給からして安すぎる。
 派遣はちゃんと選ばないとだめだよ。
 
 ★★★
 
 東方弦奏郷。
 
 耳コピは面倒臭いけど、ギターで東方の曲を弾いて見たい! と言う方の為の突発企画(そして多分続かない)。
 とりあえず、魔女達の舞踏会の発狂ソロ部分です。前に自分で弾く為に、メモ帳に書いておいたものをそのままコピペ。まぁ、タブ譜を作ってる最中に全部覚えるのはお約束として、折角なので。MIDIを覗いて採譜したので耳コピではありませんのであしからず。まぁ、故にとりあえず音だけは完璧ですが、こういうのって、公開してもいいのかな……? 文句が出たら消そうか。
 本当は、亡き王女の為のセプテッドが弾きたかったんですが、アレはちょっと難し過ぎて、私では到底無理。滅茶苦茶過ぎる。はっきり言って狂気。断念しました。

 魔女達の舞踏会発狂
 
 ここから
 
 E-------------------8-10-11-10-15-|----11----10---8---6-8-----------------|
 B---------------------------------|-----------------------8---------------|
 G--------------9-12---------------|-12----10----8---7-------10-8-7-8----7-|
 D--------10-12--------------------|----------------------------------10---|
 A-----10--------------------------|---------------------------------------|
 E-8-10----------------------------|---------------------------------------|

 E-------------------------|-----------------------------------|
 B-------------------------|-----------------------------------|
 G-8-7---------8-7---------|-8-7-------------------------------|
 D-----10-8-10-----10-8----|-----10-8----8---8----8-10---------|
 A----------------------10-|----------10---8---10-8-10-8-10-5--|
 E-------------------------|-------------------11------10-12-6-|

 E-------------------------|------------------------------------|
 B-------------------------|------------------------------------|
 G---------------10-8-7----|---7-8--5-7-------------------------|
 D------------10--------8--|---------------8-10----6-8----------|
 A-10----------------------|10-----8-------------------10-9-7---|
 E-11-10-11-9--------------|------------10------8------------10-|

 E----------------|--------------|
 B----------------|--------------|
 G----------------|-8-8-7-8-7----|
 D----------------|--------------|
 A-11-11-8-6-6-5--|-10-10-8-10-8-|
 E-12-12-10-8-8-6-|--------------|
 
 ここまで
 
 2小節ごとに区切ってあります。最後の小節は見難いけど、全部2和音と言う事で。
 難所多々有り。等速だとかなり厳しいけど、半分ぐらいの速さならやってやれない事は無いはず。
 2〜3箇所に、もうちょっと楽になりそうな譜割もありそうだけれど、その辺は各自で調整してみて。

 魔女達の舞踏会って曲は、エロいよね。多分、東方の曲の中でも屈指のエロさだと思う。濡れるぜ。
 
 良く考えたら東方の曲じゃありませんでした。
  
 お休みなさい。  
 

◆2005年 3月15日(火)

 昨日の夜いきなり電話があり、今日の仕事先が急に変更になったのこと。と言うか、元々の派遣先はそこの工場だったのだけど、そこの子会社? みたいなところの生産がヤバかっただけなので、応援に行っていただけなんですけどね。とりあえず、今日行くところは家のすぐ近くなので、とても楽でした。朝とか。余談ですが、仕事している最中にROSSOの星のメロディーがもう聞きたくてしょうがなかったので、昼休みに一旦戻って聞いてからまた出かけて行ったりもできました。
 
 工場長やら専務やらにひたすらコキ使われる。あのクソ重い筐体を一人で50台も出しておいてとか言われたり、ひたすら箱詰めしてテープしたりと、まさに雑用。しかも、じゃあアレやっといて見たいな、さも邪魔な風に。ファック。誰かがやらなくちゃいけないことなんだ。だったら、僕は喜んでその汚れ役を買って出るよ、このクソッタレ共。
 何回バックれてやろうと思ったがわかりませんが、ようやく今日の仕事は終わりを告げた。いつもより45分だけ早い 。とりあえず、後1日ある筈なので明日はどうしたらいいのかと聞いたら、とんでもない答えが返ってきた。「今日1日だけだって聞いてたけど」俺は何も聞いてないんですけど。「電話して聞いてみたら」電話した。
 
 「ごめんねー、やっぱりこれで終わりなんだよね」
 
 えっ。後1日あるんじゃないんですか。
 
 「今日までってことで」
 
 ファック。
 
 タイムカードを見てみたら、何故か9:25分出勤になっていた。8:55には着いていたはずなのに、おかしい。
 
 「ああ、ウチは30分単位で計算しているんだよね。で、アンタが来たのは8:56分だから、30分タダ働きだねゲラゲラ」
 
 ファック。てめぇ。後でケツの穴にションベンしてやる。
 計算したら、今日一日の日給が5220円だった。ちょっとありえないんですけど。
 
 とにかく、1日早くクビになってしまった。なんてことだ。明日からどうしよう。
 こうしてまた一人ニートが出来上がりました。とりあえず、今の身分としては無職と変わらないので。
 
 お休みなさい。

◆2005年 3月14日(月)

 今日の昼休み中、よしのぶくん(仮)とあおゐさんのひとコマ。
 
 よしのぶくん「大学始まったら、家庭教師とかやろうと思ってるんですよねー」
 
 俺「へぇ、実入りは良さそうだし、結構楽らしいから良いかもしれないね。でもよしのぶくんはオトコノコだから女の子の生徒には付かせてもらえないぜ」
 
 よしのぶくん「そんなのあたりまえじゃないですか」
 
 俺「それはそれはおかしな事になってしまうもんね」
 
 よしのぶくん「そうそう。なんか、俺の同級生の娘が言ってたんですけど」
 
 俺「うん」
 
 よしのぶくん「昔、家庭教師に襲われたことがあるらしいですよ」
 
 俺「マジで!? く、詳しく!!」
 
 喰い付き良すぎ。
 そんな素直な自分が大好きです。
 因みに、いきなり後ろから抱きつかれただけらしいです。でも拒絶されちゃったらしいです。可哀想なせんせい。
 拒絶されなかったら、どうだったんだろう。
 でも、流石に中学生はマズイだろう、色々と。
 年を取り過ぎてて。
 このペドゴニアめ。天に召されてしまえ。
 
 お休みなさい。  
 

◆2005年 3月13日(日)

 今日は池袋までちょいと遠征してみました。何となく。サンクリだったらしいけれど、参加はしてません。
 池袋のゲーセンで、虫姫のオリジナルをやったら4面後半で落とされて鬱。数ヶ月振りに大往生もやったら3ボスすらたどり着けなくて鬱。エスプレイドもやったらなんと2面で落とされて鬱。しかも残機5設定(!?)。やってられません。ケツイは昨日マグマに行けなかったから、来週までお預け。
 
 ケツイと言えば。
 ガビーン
 3割減て。
 ケツイやってるおんなのこみんな兄貴が好きでかわいいよ!
 でも兄貴はおとこのこが好きでもっとかっこいいよ!
 
 最近は、東方曲のアレンジを聞きながら、買ってきた東方の同人を読むのが自分の中で粋となっております。
 今日のBGMは、買ってきたばかりの[anima I 東方]。全曲アコースティックアレンジなのですが、綺麗な調べでお奨めですよ。現存するアレンジ曲とはまた一風変わった感じで、凄く上品。衝動買いしたCDだったので、少し不安だったが、十分にその価値はあったと思われる。サイトで視聴も出来るようなので、一度試しにダウンロードしてみては。
 アコギを上手く扱える人は尊敬に値します。私も、いつか上手にアコギが弾けるようになったらいいなあ。アルペジオで右手が引っかかってるようじゃ、話にならないよなあ。
 
 さて、明日はまた朝から仕事です。水曜日でリストラです。後3日。
 お休みなさい。  
 

◆2005年 3月12日(土)

 あまりにも回線が遅すぎるので、接続の設定を少しだけ弄って見た。
 
 推定最大スループット: 2.2Mbps
コメント: NTTフレッツADSL モア2系(24Mbps)の平均速度は4.1Mbpsなので少し遅い方ですが、線路長が2km以上であれば問題ありません。ADSLでリンクが安定しない場合は光ファイバへの移行をお勧めします。(下位から30%tile)

 やった。ざまーみろ。どうやら、設定の方で少々不備があっただけらしい。前に比べて格段に速くなったのが体感出来て非常に快適。
 
 と言うわけで、巷で話題沸騰のウルトラモードALL動画を見てみました。速い速い。前は8時間ぐらいかけて落としていたものが、数分で落ちてくる。
 そして目の前で繰り広げられる異常な光景。まさしくこれぞ狂気です。ありえん。鑑賞している分にはいいけれど、プレイヤーは果たしてどれ程の緊張を強いられているのか、想像するだけでも胃が痛い。
 真アキ発狂は、良く良く見れば結構規則正しく飛んでる弾が多いように見える。ただ、その量が異常。最終形態の曲は今日初めてちゃんと聞いたけど、結構良いと思う。ディスプレイ越しに弾幕がみせる絶望と哀愁が伝わってくる感じ。こうして一つの演出として見ると、あの狂ってるとしか言い様の無い弾幕にもある程度は頷いてしまう。というか、虫姫は全体的に音楽のレベルが相当高い気が。
 スタッフロールには、何故か微妙に涙腺が緩みました。何はともあれ、>>415氏はお疲れ様でした。
 
 今日は午後からマグマに行こうかなーと思っていたのだけど、友達から買い物に行かないかと言われたので、マグマはお預けにして付き合うことに。だが、それがそもそもの間違いだった。それが宗教勧誘の伏線だったとは、夢にも思いませんで。
 彼の車が到着したのはもう日の暮れる頃だった。車の中にはもう一人見知らぬ男が乗っていて、どうやら彼の友人で、私らと同年代の人らしい。まぁ、そこそこ話も盛り上がりつつ、その3人で一緒に行動する事に。
 買い物も終え、車の中で適当に談笑していると、彼の友人が突然こんな事を言い出した。
 
 「俺と○○で、すっげぇ面白い話があるんだけどさ」
 
 当然、その時は私は何も知らなかったので、何々? と聞き返してみる。
 
 「南妙法蓮華経って知ってる?」
 
 紅いランプが点灯した。
 こいつはデンジャーだ。
 
 「朝晩唱えるだけでいいんだけどさー(略)」
 
 途端に雄弁になり、自分等がお陰でどれだけそれに救われただとか、幸せになれただとか、色々とペラペラ話し出す奴等。
 OKわかった。お前等が信者だって事は、よーくわかった。だから少しだまれ。
 そう言えば、友達だからと言って信者を連れてきて、有無を言わさず2体1で丸め込むってのは勧誘の常套手段でしたよね。ハハハハハ。
 
 「別に宗教だって言っても、全然怖くないよ。信者が押しかけてくるとか、入会とかは全然ないし」
 
 ふーん(信じられるかボケ)。
 
 「唱える方法だけ教えれば、後はやるやらないはあおゐくんの自由だからさ」
 ふーん(超めんどくせ。超うさんくせ。絶対やらね)。
 
 そしてお話は延々と30分くらい続く。
 で、適当に切れたところでどう? と私に聞き返してくるものだから、はっきりと言っておいたんですよ。こういうのは、はっきりと断っておいた方が良いと経験済みなので。
 
 「俺は何かを成し遂げる時は、全部自分の力でやりたいし、何かに頼ろうなんて思っていない。もし失敗したんだったら、それは全部自分の所為だし、誰かに責任を擦り付けるとかはしないで全部受け入れるつもりだし。そもそも、宗教ってのは、必要としている人だけがやればいいと思いますよ。今の俺には全然必要ないものだし、大体少しもその団体を信じてないから、やらない」
 
 俺カコイイ!
 信じるものしか救わないって、神様もセコイよねー。プギャー。
 で、それからなんだかんだあって、相手もようやく諦めたのか、
 
 「絶対後で後悔すると思うよー」
 
 とか捨て台詞吐いてました。プギャー。
 で、もう時間無いから、と言ってとりあえず逃げてきました。
 今日あった友達とこれからの関係をどうするか本気で考え中。今まで通り付き合えるなら、それが一番いいんだけど。
 
 そう言えば、前に創価学会にも勧誘受けたんですよーと話したら、あそこは教えをかなり捻じ曲げていて全然駄目な団体だ。教えを昔から守っているのはここだけだ。むしろ、俺がやつらに仏法を教えてあげたいね! なんて意気込んでました。
 宗派は違えど、同じ宗教同士ですらいがみ合ってるんだから、世界平和はこねぇなぁ、と少し思った。
 
 最萌終わったみたいですね。結局、私は一度も参加しないまま第2回東方最萌トーナメントは幕を閉じました。
 優勝はめーりんだそうで。おめでとうめーりん。ようやっと人気が認められたね! そんな感じ。
 さて、暫くの間はスレと支援物資を堪能するとしますか。随分と沢山あるようなので、少しずつ、まったりと。
 
 お休みなさい。  
 

◆2005年 3月11日(金)

 ただいま。しかし、ただいまを言う相手も居なかった。
 と言うわけで、今日からネット復帰です。もう丸々2ヶ月間も待たされたわけですが、ようやくルーターとか色々届いて接続できるように。それにしても、2ヶ月はどう考えても待たせ過ぎだろう。職務怠慢ではないだろうか。ともあれ、これでやっとうちの回線もISDNからADSLに変更されまして、予定ではブロードバンドの波に一足遅れて乗る事に。つうか、そろそろADSLも時代遅れ気味だけど。
 で、それはそれは速くなっているであろうと期待を膨らませて接続してみたのですが、おかしい。あんまり速くない。前と比べたら、速いと言われれば速いかもしれないけど、精々気休め? 程度。しかも、同時に5つも6つも開くとむしろ前より遅い。なんてことだ。2ヶ月待たされた挙句これですか。面白いギャグだ。
 
 速度を調べて見た。
 
 推定最大スループット: 230kbps
コメント: NTTフレッツADSL モア2系(24Mbps)の平均速度は4.1Mbpsなのでとても遅い方です。設定や回線、ネットワーク機器を見直してみてください。光ファイバは収容局からの距離に関係なく実測20Mbps以上でるのでADSLよりお勧めです。(下位から0-5%tile)

 ファック。
 どうしろと言うの。
 
 それにしても、2ヶ月もネットから離れていると、もう全然わからないのね。何をしていいのかが分からない。世界がどうなっているのかが分からない。私一人が居なくなったところで、インターネッツの世界は何も変わらない。接続した瞬間、広大な砂漠に一人取り残されたような感覚を覚えた。確かに、そこの世界に存在はしていて、多分私に繋がってはいるのだろう。けれど、回りを見渡すと地平線が見えるぐらい広くて、何も無くて、何をしていいのかが分からなくて、どこへでも行けるのだけど、どこへ行ってよいのかわからなくてで途方にくれる、というか。ちょっとだけさみしい。
 
 さて、前の日記を読んでもらえれば分かると思いますが、とりあえずもう一回近況でも書きます。  とりあえず、受験も無事終わって、今現在はせかせかとバイトで金稼ぎの毎日だったりします。派遣で、工場でやってます。
 でだ。その仕事先でとても恐ろしいことが起きた。
 仕事が終わった後、だらだらとそこのバイトの人と3人で話していたら、別の派遣会社の人が来て、なにやらぼそぼそと話しかけてくるんですよ。そこで、とんでもない事が発覚。どうやら、まだ極秘事項であるのだけど、バイトで首切りがあるらしい。……は? ちょっと待て。リストラかよ。まだ切られるメンバーは不明とは言っていたけど、慌てて専務に確認に行く。するとおもむろに紙を取り出して私達に見せてきた。「ここに書かれている人達があそこの工場に残る人だよ」なるほど。「5人しか残らないらしいね」って事は、3人も首切りですか。「向こうの課長が選別したらしいんだよね」いいから早く見せろ。見てみた。さて、私の名前、私の名前。……。
 
 載ってねえええええええええええええええ?!
 
 ちょうど私は給料を貰ったばかりで、天にも昇る気分だったのですが、気分は一気に地に落ちた。
 バイトの担当しているラインは2つあるのだけど、どうやら私の担当していたラインのメンバーが軒並み切られたっぽい。話を詳しく聞いてみると、生産がようやく追いついてきたので、私達のラインは社員だけで間に合うようになったのでもう用済みと言う事らしい。決して、勤務態度が悪い訳では。悪い訳では。
 それにしても、この年でもうリストラ体験か。笑えねぇ。「派遣のバイトだからこればっかりはしょうがないよ」と言っていたけど、それでもショック。まぁ、派遣会社の方に電話して見たら、もう他の派遣先は用意されていたようなので、一先ず安心しました。後日、また連絡してみる。それにしても、世の中はなんて世知辛いのか。
 
 お休みなさい。  
 

◆2005年 3月10日(木)

 今日の夜、一緒に夕食を食べに行く約束があったのだけど、向こうの予定でキャンセルになったので突如暇に。
 そう言えば、昨日は私の通っていた高校の卒業式だったらしいのです。私が知ってる最後の世代になるのだけど、ついこの間の一年坊がもう卒業してしまうとは、時が経つのは早いものだなあとしみじみ思ふ。
 
 あ。
 そう言えば、書き忘れてた。どうやら、ケツイの1面開幕のストームでも空ロック出来るらしいですね。この間ちょこっと試して見たら、普段は26倍だったのが29倍に増えてた。36倍ぐらいは出るらしい。
 開幕に出てくるストームは5機。1機目は普通に着火。2機目のストームを空ロックして5箱を3つ出して、残りを普通にロックして36倍か。前回の29倍のケースは、2機目を倒す距離とタイミングが甘かった為、4箱×2だったのだろうか。ちょっと良くみてなかった。
 
 最萌決勝の組み合わせは美鈴と咲夜さんになったらしい。
 一体誰がこの組み合わせを予想しただろうか。フランちゃんが負けただなんて、こんなアクム!!
 
 めーりん、念願の下克上なるか!?
 はたまた、咲夜さんはメイド長の威厳を保つ事が出来るのか!?
 
 こう御期待!
 参加はおろか観戦出来ません。鬱だ氏のう。
 
 お休みなさい。  
 

◆2005年 3月9日(水)

 今日、同じ職場の人達が甘噛みを知らなかった事に非常に驚いた。結構、常套手段だと思ってはいたのだけど、どうやらそうでもないらしい。
 これこれこう言う事で、それはそれはおかしな事が起こるんですよと話していたら、お前は相当のスケベだなと、大変もてはやされましたよ。わーい。
 まぁ、エロは世界を救うし。
 
 仕事で微妙に凹む事があって、今ではもう大分解消されたのだけど、あれほど帰りたいと言うか、もう嫌だと思った事はここで働くようになって初めてかもしれない。
 そんな目でみないで。お願いだから。花穂の事、見捨てないでね、お兄チャマ。
 
 まぁ。
 なんだかんだ言って、結構幸せな生活が続いています。
 せめて来るべき時までは、堪能していようと思います。
 あまり引き摺り過ぎると、このままずるずるとなぁなぁになってしまいそうなので、近い内に行動に出るとしますです。
 落ち込んだりもしたけれど、私は元気です。
  
 蒐集をがしゅうと読んでいた阿呆はどこのどいつですかな。しゅうしゅう、ですよね。ですよね。

   まぶたが重くなってきたのでそろそろ寝ます。
 お休みなさい。  
 

◆2005年 3月8日(火)

 実は、今日でこの日記を書き始めてから早一周年となります。我ながら良く続いたものだなと思う。
 いつもいつも、わざわざ私の文章を読みに来て下さる方々には、心よりの御礼を申し上げます。まぁ、これを書いている現段階では、まだアップ出来る状況ではないんだけどね。
 
 今年度は、もうちょっと色々とやって見ようと思いますので、どうぞ宜しくお願いします。
 
 まぁ、今更言うまでも無い事なんだけれども。
 音楽を演奏するに当たって、一番必要なのは技術面よりも、どう表現するかなんだよね。所謂、‘華’があるかどうかと言うか。どんなに演奏が下手糞でも、どうしても聞いてしまうような曲や音はやっぱりあるわけで。まぁ、勿論ある程度一定の技術も勿論必要だけど、それが全てではないと言うか。当たり前か。プレイヤー自身は常に技術の向上を図るべきで、そんな事を自らが言い出してしまったらもう駄目ではあるのだけど、とりあえず一リスナーとしての見解としてはそんな感じ。
 ただ速くめちゃくちゃに弾けば良いってもんでもないですよ。まぁ、弾けるだけでもそれはそれはとんでもない事なんだけど。
 
 余談だけれど、速弾きって言葉は、ギターやベース以外では余り使わないよね。ピアノとか、バイオリンとか、どれだけ速く弾いても速弾きなんて言わないし。
 突き詰めて言えば簡単な楽器と言うのは当然存在しないのだけど、それでもやっぱり敷居の高い低いはあるわけで、楽器自体の敷居の高さから、ギターやベースは特別そう呼ぶのかなあ、とか思ってみたり。ピアノなんかは、とりあえず鍵盤を叩けば音は出るけれど、ギターはとりあえずで音が出ないし。おまけに速く弾くとなると、右手と左手を合わせるのがもう大変で、そのとっつき難さと来たら、思わず切れてギターをブン投げてしまう程。投げないけど。なんかオチが付かなくなっちゃったのでもういいや。
 
 お休みなさい。  
 

◆2005年 3月7日(月)

 本当は今日ルーターとPCカードが届くはずだったのだけど、バイトから帰ってきて聞いてみたらどうやらまだのようでした。
 大人はウソツキだ。僕だっていつも平気な顔をして嘘を吐く。閻魔様に舌引っこ抜かれちゃうよ。そしたら色んなところをペロペロできなくなっちゃうじゃないか! 霊夢のわきとか。二の腕からわきにかけてはロマンが漂うよ。
 いやいや。ロマンとかマロンとかクリとかリスとかはどうでも良くてですね。珍しく今、現実生活で本気で萌えちぎってる訳ですよ。詳細はちょっとここでは書けませんが。なんだそりゃ。
 
 1日8時間も働いていると、なんとなく微妙に就職している気分が味わえる訳ですが。寝る時も、ああこれ以上起きていると、明日の仕事に響くなあとか、つい思ってしまったりして。
 ところで、あんな工場でひたすら同じ事を繰り返す単純作業を続けていると、少しだけ親の気持ちが分かったりもする。所謂、良い学校出て、良い会社に就職させたいって思う親の気持ち。前は、そんな学歴に支配された人生でどうする、的な事を考えていたのだけど、やっぱり実際に現場に出て働いて見ると、色々と見方も変わってきたりして、確かにどこへ行こうが食いぶちに困らない程度は稼げるだろうけど、果たしてそれで充実した毎日を送れるのかどうかってことに、如何しても疑問を抱いてしまうのです。私と同年代の人も社員としてそこで働いているのだけど、私らバイトと大して変わらない作業をしているのを見ると、こんな所で私は人生を使いたくはないとかつい思ってしまう。今は4月からは大学生と言う将来が見えていて、短期のバイトだからあまり気にならないけど、これが就職でいつまでも毎日こんな生活が続くと思うと、少々げんなりしてしまうと言うか。まぁ、なりふり構ってられない状況の時ってもあるけどさ。ああ、何言ってるんだろう。所詮は色んな庇護の下にいる者の戯言ですけどね。
 
 そう言えば、身体を鍛えはじめました。なんとなく。
 腕立て伏せ、腹筋、背筋を各30回×5セット分。翌日は筋肉痛でバキバキ。
 その痛みを懐かしいと思える日がいつか来るよ。
 そうかな?
 
 お休みなさい。  
 

◆2005年 3月6日(日)

 一週間分の睡眠不足を解消するかの如く爆睡の後、ケツイをしにマグマへ。
 今日の成果。2面中ボス時に累計1500倍超え達成。ボス到達時の累計は3775倍と、中々良い出来でした。一応、2面の累計目標は3800倍だった為、もう少しで達成しそうな予感。4000倍……まで伸ばせるかどうかはわからない。
 今日は10ケツして、1回だけ5面の縦穴手前まで行けたプレイがあったのだけど、やっぱり5面に入ると途端にどう動いて良いか分からなくなって、色々と保守的になり過ぎる。プレイしていて、こんなんじゃ2周目もまだまだ……としみじみ思った今日この頃。この辺りは、回数をこなして慣れて行く以外方法は無いので、今年中に1回でも2周目に入れたらいいやぐらいの気持ちで気長に気長に。
 
 ぐわんげが、無い。
 
 ZG2が復活してた。
 
 すっげぇ色々好感触! しかしながら、最終行動に移す前にほぼ望みは断たれてしまいましたとさ。
 うーん。とりあえず、言うだけは言って見るとしますか。
 つうか、日記なのにこんな抽象的でわけのかわらん文でどうするんだと。
 
 最近、妙に生理に悩む咲夜さんが頭に浮かんできたりするのです。ああ、生理で不機嫌になった咲夜さんにナイフで刺されてみたい! もしかしたら、永夜抄の時は、咲夜さんは生理痛で苦しんでいたのかもしれない。だから、弱い弱い言われていたのは、恐らく本調子では無かったからなのだ。おまけに、段々と夜も冷えてくる季節。そりゃ、お腹だって冷えてきてしまいますよ。お腹を冷やしてしまったら、そりゃ尚更ですよ。咲夜さんは決してやる気が無かった訳ではないのですよ。で、レミリア様はなんで本調子ではないのを知りながら咲夜さんを連れてきたのかというと、どちらかと言えば、自分の燃料補給のために連れてきたのではないかと私は思うのです。だって生理の血だよ生理。多分、吸血鬼的には最高級品だよ。大体、あのレミリア様がただ血をたれ流れさすだなんてもったいない事する訳無いじゃないですか。生理の血を飲むと言う事は、詰まるところそれはそれはおかしな所を直接舐め取るしかなくて、咲夜さん的にはお嬢様にそんな所を舐めさせる訳にはいかないんだけど、やっぱり舐めてもらうのは好きだから、口では駄目ですとは言うんだけど、やっぱり身体では抵抗できなくて、しかもレミリア様が「咲夜のココ、とっても美味しいよう」とか言うもんだから恥ずかしすぎて顔中赤面して顔を隠してしまったりして、きっとそんな咲夜さんはどんなに可愛くてしょうがない事かと!
 
 世の中には、生理がうつるぞーとかバカにされて、泣いてしまうのが理想な人もいるようです。
 今月はちょっと重いんだぁ、とか、オトコノコにはヒミツと言われたいそうです。
 へ、へへへ、HENTAI!!
 
 リリーホワイトは、スペル的に日本語できちんと表したらリリィになるのではないだろうかと思うのだが割かしどうでもいい。発音はいい加減だし。
 
 お休みなさい。  

2005年 3月5日(土)

 今日は土曜なのにバイトがありました。今週のみとは言え、休みが週に一日しかないのは正直辛い。
 もう朝からずっと眠くて、午前中あんまりにも眠かったので、あくびをしながらチンタラ仕事をしていたら、おばちゃんに「もうちょっと早く出来ない?」と怒られた。普段は結構早く仕事をこなしてる分、尚更遅く見えたらしい。とにかく、今は睡眠以外何も取りたく無い感じ。

 そう言えば、今日少し前に入ったバイトの子がPCが欲しいって言ってたので、あれこれ話していたら、先輩がマカーだった事が発覚しまして。
 少々胸キュン事件でした。いや、私はマカーではないですけれど。
 
 軽く人間不信と言うか、鬱な風味。
 人の目を、気にしすぎる、生活。
 
 お休みなさい。  
 

2005年 3月4日(金)

 どうやら、月曜日にはネット復帰出来るみたいです。約2ヶ月間のブランク。

 「采は投げられた」
 
 自分の中では、このままではいけないなと思い、ケジメをつけると言うか、4月からの新生活へ向けて、今までの想いを吹っ切る為の第一歩。
 とりあえず、知り合いの子に電話して、2時間半程色々と話してみる。
 さてさて、未来はどちらに。
 
 読んでる人はちょっと良く意味分からないよね。
 
 明日は土曜なのに仕事が入ってます。第一週目はいつもそうらしい。
 お休みなさい。  
 

2005年 3月3日(木)

 微妙に鬱になる事があったりもしたけれど、何とか頑張りました。
 それにしても、今日は非常に肩の凝った1日。
 
 「今日も1日ご苦労様です。マッサージはいかがですか?」
 
 おおう、ちょうど良いところにマルチ。ちょっと、肩を揉んでくれないかな。
 
 「はい、かしこまりました! お好みの強さは?」
 
 ちょっと強めでおねがい。
 
 「お疲れなんですねー……」
 
 ◆
 
 「それでは、始めます」
 
 マルチは一所懸命もんでいる。
 
 「もみ、もみ、もみ」
 「ツボはこの辺でしょうか」
 
 「ぐっ、ぐっ」
 「ずいぶんこってますねー」
 
 「よいしょ、よいしょ」
 「ぎゅっ、ぎゅっ」
 「ふぅ、ふぅ」
 
 マルチは嬉しそうにもんでいる。
 (感涙)
 
 ◆
 
 「終了でしょうか。……いかがでしたか?」
 
 うーん
 
 「(ドキドキ)」
 
 ううーん
 
 「(ドキドキドキ)」
 
 うううーん
 
 「(ドキドキドキドキ)」
 
 修行がたりん!
 
 「はうっ、す、すみませ〜ん。勉強して、きっと上手になります……」
 
 これは……お仕置きが必要だね
 
 「えええええ!? お仕置きですかあ!?」
 
 おしおきじゃ! おしおきじゃ!
 
 「あーれぇぇぇぇ、お助けええええええ」
 
 ◆
 
 はぁ、はぁ
 
 「ふぅ、ふぅ……」
 
 ど、どうだったマルチ?
 
 「ええーと、そうですねぇ」
 
 ドキドキ
 
 「修行がたりません!」
 
   !?
        
 「もうちょっと、女の子はやさしくあつかってください!」
 
 ガビーン!?
 
 「だいたい、あおゐさんはいっつも自分の事ばっかりです! 最低オトコです!」
 
 ガーン!?
 勉強して、きっと上手になります……。
 
   ◆
 
 って言うのはどうかしら。マルチは、絶対そういう事は言わないけど。
 
 じゃあ他の娘でいっぱい勉強するよ!
 「はわわわわ! や、やっぱり勉強しないでくださ〜い」
 
 って言うお約束っぽいのもどうかしら。
 
 痛ッ。
 お休みなさい。  
   

◆2005年 3月2日(水)

 今日のバイトの帰り、半ば強制連行気味に先輩の家へ連れて行かれました。まぁ、そんなに長居した訳でも無いんですが、大体一時間半ぐらい。
 なんか、適当に話をした後、面白いからやってみ、と言われたので一時間ぐらいシェンムーやってました。意外と面白かったので、今度貸してもらう約束なんぞをしてみたり。  
 メールで東方の最萌の状況を伯爵さんに教えてもらいました。
 なんか、随分と番狂わせが起こってるみたいですね。意外なキャラが勝ち残っていたり、敗退していたり。個人的には、フランちゃんが頑張って勝ち残っててくれてるのがうれしい。キャラ的にも、ボス的にも結構想い入れがあるから、是非このまま勝ち続けて欲しいな、と。プレイヤーキャラを除けば、もしかしたらフランちゃんは一番一緒に居る時間が長いかもしれず。今でもちょくちょく紅魔郷のEXはプレイしているし。  フランちゃんが、自分の中でこんなにも魅力的に映るのは、きっと誰よりも一番子供らしい子供だからなのだろうな、と思う。年齢の事や、外見的なものとはまた別な意味で。実際、私の中で、フランちゃんは誰よりも無邪気に微笑むし、無垢で、愛らしい。二次創作者の方々もそれを感じているらしく、大体フランちゃんのキャラ像が統一されている辺りが面白い。とにかく、駆け引きめいている大人の(東方の)世界とは、少し外れた別の位置に存在しているようにどうしても感じられるのです。そういう女の子だったからこそ、私はどうしても特別な感情をフランちゃんに抱かずには居られないと思うのです。
 気が触れている、と言うのも少し前までは萌えポイントだったのだけど、最近は、フランはちゃんは別にどこも狂っては居ないのでは、とも思うようになってきた。子供と言うのは、大人の視点から見れば、得てして皆狂っているのだ。我々から見たら、意味が分からなかったり、おかしな事をしているように見えても、子供にとって、それはコミュニケーションの一種だったり、興味の対象へと、子供なりに誠実に向き合っている姿だったりする。きっと、フランちゃんのしている事も、それと何も変わらないのだ。子供は残酷だ。なんにでも興味を示すし、ある意味自分の欲求に忠実である。なんだって自分が面白いと思ったことなら、虫だって殺すし、物だって壊す。まぁそれでも、所詮子供のすることだから大した規模にはならないのだけど、フランちゃんの場合は、その対象がとんでもなく大きい。子供は、何も知らない。何を知らない者が、火を扱ったらどうなるのか。その事が、彼女にとって一つの不幸であると言えば不幸であるのかもしれない。より一層、狂気の産物にみえるのかもしれない。
  
 いい感じに電波文ができましたねー。 
 
 そう言えば、もう52スレも進んでるらしいですね。一昨年の時は、9スレでちょうどいい位だったのに。
 
 お休みなさい。  
 
 

◆2005年 3月1日(火)

 もう三月になってしまいましたか。そろそろ最萌も終わる頃ですか。どうなってるのか全然わかりません。
 
 「もう、いやだ」
 「もう無理」
 「帰りたい」
 
 今日は、口を開くとこんな事ばっかり言い合ってました。実際、今日は異常に一日が長かった気がするし、仕事量もいつもの1.5倍はあった気がするし、疲れた。
 
 スミレステッチを読む。その本に収録されているお話の中で、第一話、第二話にてひきおこされる、乙女チック☆怪事件にひたすら憧れる毎日です。
 乙女チック☆怪事件とは?
 
 女の子ひとりあたりの乙女心の平均値を「1オトメ」とします。
 フツーの女子高の乙女心の総量はこのくらい(300オトメ)。
 ここ星菫女学院はこーんな立地で(丘の上)、こーんな校舎で(ツタの絡まるチャペル)、こーんな制服(フリフリのフリル)
 そのうえこーんな生徒(頭がお花畑)がひとりかふたりかは入学するので
 校内の乙女心の総量はもはやただごとではないこととなり(100メガオトメ)
 溢れんばかりの乙女心はときに形をもち
 星菫女学院に乙女チック☆怪事件をひきおこすのでありました。
 
 ※本文引用
 
 突然、花びらが舞いつつカップとともに紅茶が沸いてきて、授業がお茶会へと変化したり、ティーカップがくるくるまわって遊園地になったり、バレンタンデーの日には、校舎が板チョコへと変化したりするのです。これぞ、まさしくメルヘンです。清楚で可憐な乙女の園。ほっぺたが落ちるほど甘ったるい、砂糖菓子の世界です。
 純粋で真っ直ぐな乙女心を描かせたら、この人の右に出る者は居ないのではと思う。これはまた別の本のタイトルなのだけど、まさしく「白のふわふわ」。作品全体を漂う、このなんとも言えぬ優しさよ。なんとも微笑ましく可愛らしい世界。その中へ踏み入る事が出来ない事を知りつつも、私はついこの甘いお菓子を憧れずにはいられないのです。
 
 お休みなさい。
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO